早漏治療にポゼットや漢方を利用するメリット

日本においては早漏治療に関しては飲み薬ではなく外用薬を塗ることで対処することが多いのですが、脳内のセロトニンの分泌を調節することで興奮を抑えることができるのでポゼットなどのSSRIを利用することもあります。この薬はインドで製造されているもので、女性器に対して挿入後に1分以内に射精してしまう男性に有効であるとされています。ポゼットを服用する早漏治療に関しては副作用などの心配があるので慎重に行う必要があり、この薬を服用することで興奮が過度に抑制されてしまうと射精に至らないことがあります。SSRIはセロトニンの吸収をコントロールする薬なのですが、副作用として射精が遅くなることがあるので、服用する場合には医師と相談をすることが大切です。早漏治療でポゼットを服用した場合には効果が現れるまでに2週間程度かかるので、それまでの期間は効果を実感することが難しい場合があります。早漏治療は最近では心因性のストレスなどが原因であると認知されているので、精神的な負担を減らしたり、職場環境を整えてストレスを減らすことで改善することが良いとされています。漢方薬としては半夏厚朴湯のように不安を抑える薬が用いられるのですが、効き目がマイルドなので副作用が気になる場合には漢方薬局などで相談をして処方を受ける方法があります。漢方薬は即効性があるものもあるのですが、早漏治療のための漢方薬などを服用した場合には体質なども関係するので、効果を実感できない場合もあります。その場合には泌尿器科などを受診して塗り薬の処方を受けたり、ポゼットなどの薬を服用する方法があるのですが、根本的に早漏治療をするためにはストレスを軽減する必要があります。