日本人の平均的な性交時間

日本人の平均的な性交時間とは男性の射精までの時間というものの平均時間が10分以下であると言われていることから、前戯を行う時間を合わせても平均して30分から1時間までが一般的な平均時間であると言われており、ほとんど前戯を行わないようなカップルであると、30分もかからないケースが多く、正確な時間というものはきちんとした統計というものがとられておりませんが、それほど長時間にわたっての性交渉というものが行われていないということが一般的で、比較的短時間な時間において男性が満足することが多いことから、比較的短時間な行為によって満足感を得るケースが多く、女性は男性に対して合わせていることが多いと言われております。

これは、女性側から性行為に対する求めというものを行われることが少ないことから、比較的短時間に行為が終了することが多く、数分の間で性交渉が終わってしまうようなカップルもかなりの割合を占めているということが実情となっており、日本人の平均的な性交時間というものは、諸外国のカップルに比べると比較的短時間の間において行われているケースが多く、これは男性の包茎の割合が日本人には比較的多いということが大きな要因となっております。

早漏に効くクリームや錠剤がある

早漏という悩みを抱えている男性は非常に多いです。
早漏は命に関わるといったものではないですが、プライドを傷つける原因にもなりますし、そういったコンプレックスを抱える事により女性に積極的になれなかったりしてしまいます。
そんな早漏ですが、原因は様々で人によって異なります。
大きく分けて心因的なものを原因にした早漏と、ペニスの亀頭が敏感すぎる事によって早漏になっている事が多いです。
これらの早漏は対処法が存在するのですが、早漏に効くクリームや錠剤があるという事を知らない人も多いです。
まず、早漏に効くクリームとはペニスに塗る事で、過敏になりすぎる皮膚の感覚を麻痺させて早漏を改善させるというものです。
これは局所麻酔の効果があるクリームで、早漏を防止する効果はありますがもちろん射精をする事は可能です。
また、勃起を補助する成分が配合されているものもあるので安心です。
使用方法は、性行為の1時間前に使用するというのが基本です。
錠剤に関しては、心因性による早漏に効果が期待出来るものです。
抗うつ剤の一種で、緊張やプレッシャー等から解放させてくれるので、心因性の早漏の改善に繋がるのです。
これを使用する事で、コンプレックスが解消され早漏でなくなる事もあります。