包茎が治ると早漏も改善します

男性特有の悩みの1つとして「包茎」があります。
特に日本人男性に包茎が多く、約8割の男性つまり3人に1人が包茎であると言われています。
そして日本人が世界で一番多く包茎手術が行っています。

なぜ日本人男性に包茎が多いのかというと、新生児から1歳までの赤ちゃんのほとんどが包茎状態です。
これは人種の問題ではなく人類共通です。
包茎は男性の発達に合わせて目立つようになってくるのです。

欧米諸国の場合、幼少期に「割礼」という包皮の一部を切除するという風潮があります。
そうしたことから必然的に包茎の男性は少なくなります。
日本には割礼という風潮がないために包茎の男性が多くなるというわけです。

しかし割礼という風潮がない日本人男性でも、なぜ青年になっても包茎のままの人と露茎になる人に別れるのかという疑問が出てきます。
包茎になる人ならない人の違いに明確な医学的根拠はありません。
しかし日常生活の過ごし方で包茎の進行具合が変わってくると言われています。
まず1番の原因とされているのが自慰行為です。

自慰行為が悪いというわけではありません。
包茎の人は、包皮をかぶせたまま自慰行為をします。
このことで包皮が伸びてしまい癖がついて伸びた状態のままになってしまいます。
これがきっかけとなって包茎のリスクを高めていたということです。

包茎であることで、男性機能への影響も出てきます。
それは包茎の人は露茎の人に比べては早漏の人が多いということです。

早漏は精神的なコンプレックスになる男性が非常に多く見られます。
しかし、露茎の人に早漏が少ないことから分かるように、包茎が治ると早漏も改善します。
包皮を切除し縫合するという包茎手術で精神的コンプレックスからも早漏からも抜け出せます。

包茎手術について(外部リンク)
大阪 包茎手術・包茎治療